IR(インベスターリレーションズ)支援

弊社では、上場企業様及び上場(IPO)準備段階にある企業様を対象に、資本市場への深い洞察力と確固としたファイナンスの知識に裏打ちされた形でIRを支援する事業をおこなっています。

IRに関する様々な業務のうちの一部の業務のみをご依頼されたい場合等、お客様のご要望にあわせて、フレキシブルに対応するだけでなく、高品質なサービスをリーズナブルな価格でご提供致します。

 

主なサービス内容

決算関連資料の作成支援

アナリスト向け決算説明会の準備・運営支援

個人投資家向け広報支援

株主通信作成支援

株主総会準備・運営支援(株主総会資料作成、想定問答集作成など)

メディア取材対応支援

資金調達・増資の戦略立案・実行、エクイティストーリーの作成支援

株主拡大のための企画・立案・実行支援

フェアディスクロージャへの対応支援

機関投資家・アナリスト向け説明会の議事録作成(書き起こし、テキスト化、トランスクリプト作成)

IPOの資料作成支援  等

 

*上記すべてにおいて英語対応可能です。

 

以下のような企業様におすすめです。

 

✔ 繁忙期が限られているため、一年を通じて社員を常駐させるほどではない。そのため、繁忙期のみ業務の一部をアウトソーシングまたは支援をお願いして1年を通して見た場合のコスト抑制を図りたい。

→弊社では、お客様がご希望する業務の一部のみを切り出して、お手伝いすることが可能です。結果的にコスト抑制につながります。

 

✔ 上場(IPO)準備段階にあり、IRに精通した社員がいない。そのため、まるごとパッケージで支援をお願いしたい。

→ハンズオンのスタイルで取り組み常駐対応致します。必要な時に、必要な業務に関するすべてのサービスをご希望のお客様に最適です。 

 

✔ IPO時の膨大な資料作成の支援をお願いしたい。

→新規株式公開をする際には、膨大な資料作成業務が発生します。一時的に発生する業務のために新たな社員を採用する手間とコストを省くとともに、一時的なコストに抑えることが可能です。

 

✔ フェアディスクロージャへの対応の一環として、機関投資家・アナリスト向け説明会の内容を書き起こすことにより、すべての投資家に対して、自社の発信する情報へのアクセスの公平性を図りたい。

→機関投資家・アナリストと個人投資家との間に生じる、自社が発信する情報へのアクセスの不平等を解消するために、機関投資家・アナリスト向け説明会の内容を書き起こし(文字起こし、テキスト化)することにより、自社ホームページで誰でも閲覧可能にすることは、フェアディスクロージャへの対応の有効な手段のひとつです。テキスト化された情報は、投資家にとって、動画と同等もしくはそれ以上の利便性をもたらします。

 

✔ 主幹事証券会社系列のIR支援会社とは別の会社に依頼したい。

→弊社は独立系ですので、お客様が必要とされるサービスのみを何のしがらみの無い形でご提供することが可能です。

 

弊社のIR支援サービスは、既製のIRツールを提供するような、通り一遍のサービスではなく、個々の企業様の事情に応じて、知恵を提供するオーダーメイド型のサービスが特徴です。

 

また、弊社では、IR支援とともに、M&Aアドバイザリ・資金調達アレンジメントを事業の柱としておりますので、通常のIR支援だけでなく、より幅広く経営企画業務のお手伝いをすることも可能です。お客様の個々の事情にあわせて柔軟に対応し、必要とされるサービスを、必要な時に、高品質且つリーズナブルな価格でご提供致します。

 

 

IR支援に関するお問い合わせはこちらから