クロスボーダーM&Aをご検討のお客様

株式会社カタリスト・パートナーズは、ASEAN(Association of Southeast Asian Nations;東南アジア諸国連合)加盟国における企業をターゲットとするクロスボーダーM&Aのアドバイザリー業務をおこなっています。

 

ASEAN加盟国のなかでも、とりわけ日本企業にとって買収対象として優先順位の高いのは、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンにおける企業です。

 

特に2015年末にはAEC(ASEAN Economic Community; ASEAN経済共同体)が発足し、関税の撤廃などを通じ、モノ・サービス・ヒト・カネが自由に移動する体制をつくり、域内経済全体の成長と海外からの投資の拡大を目指しています。

 

弊社では、主に上記6カ国へM&Aを活用して進出しようとお考えの企業様、また、すでに進出済みで今後はM&Aを活用して事業拡大をお考えの企業様に対して、M&Aにおける一連のサービスを提供しています。

 

現地パートナーとの密な協働により、独自性の高い情報網を駆使いたしまして、規模の大小・業種を問わず、各企業様のご要望にフィットする買収対象企業を発掘・選定することから始まり、クロージングに至るまで一貫したクロスボーダーM&Aのお手伝いをさせていただきます。

 

お問い合わせ等はこちらよりご連絡ください。